カメラで見た、日常。鹿児島のお店の紹介や、日々思った事など。


by collier2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
個人的な出来事
おいしいものめぐり
雑貨めぐり
かごしまもの
観た映画
集めてるもの
気になるイベント
てづくり
311
防災
かごしま(もの)めぐり
かごしま(食)めぐり
未来について
山登り
未分類

以前の記事

2016年 10月
2014年 12月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

その他のジャンル

ブクログ

最新の記事

お久しぶりです!
at 2016-10-29 07:27
ひとんちに行って来た!
at 2014-12-11 00:26
スマホでの更新はむつかしい…
at 2014-12-09 23:35
ブログをやめたわけではないの..
at 2014-12-06 00:58
Filmvak
at 2014-05-16 17:50

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

カテゴリ:311( 42 )

いろんな人たちの思いや行動

d0201155_13384615.jpg

今年ももうすぐ311が近づいて来た。

メディアではいろいろな特番が組まれて、
誰もいない福島の町をカメラ付きのラジコン無人ヘリで撮影している映像を見たりした。

帰りたいと願う地元の人たち、頑張ろうとする東北の人たち、
一方で福島の食材を食べるパフォーマンスをしながらも、
口では”復興第一”と言いながらも、
実際はそれがすべてではない政治家や官僚の人たち、

また、福島や東北以外の地で、なんとか力になれる事、
出来る事はないかと模索して動く人たち、

いろんな人たちの思いや行動が渦巻く中で解決どころか
今まで以上に深刻な状態の福島第一原発。

■福島第1原発:東電「汚染水タンク満水…改善は当面困難」
毎日新聞 2014年03月05日 20時36分
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20140306k0000m040068000c.html


そんな中、鹿児島に福島の親子を招待する企画を偶然知った。

今年で2回目らしく、鹿児島の自然での外遊びや、
温泉、県内産の食事を楽しんでもらい、
福島では受けられない甲状腺検査などを受ける予定のよう。

滞在期間は約一週間。
やはり費用は約80万と高額のようで、
企画者はカンパとボランティアスタッフを募集のようだ。

311後、”自分に何ができるか?”を
多くの人が自問自答したあの時から今年で3年が経った。

大きな事は出来ないけどカンパやボランティアくらいなら出来そう?と
思われた方はリンク先をご覧ください☆

■ママトコかごしま
http://nonukesmam.exblog.jp/19125161/


■カンパの振込先
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
口座番号:鹿児島銀行
天神馬場支店
店番 020  普通 3001003
ママと子どもを放射能から守るかごしま
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ボランティアスタッフ問い合わせ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ママトコかごしま(担当 井上さま)
mamatocokago【AT】yahoo.co.jp
※【AT】を@にかえて送信してください。
TEL:070−5402−4740
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by collier2 | 2014-03-09 14:11 | 311 | Comments(0)

ついに始まった。



北九州で今朝から震災がれきの焼却が始まった。
遠方からわざわざ高いお金をかけて計6万トンも。。。

一般ごみと一緒に、市内3カ所のごみ焼却場で1日計110トン前後を処理するらしい。
焼却灰は18日から同市若松区の処分場に埋め立てる予定。

がれきの問題についてはこれまでにも書いて来たけど、
北九州市焼却についてポイントは以下。

●低稜線でも被爆はする。
●人体にとって被爆量が少なければ少ない程いい。
●北九州市で今後2年間24時間燃やし続ける。
●今回の焼却場、場所によっては街中に立地している。
●以前の試験焼却では50例以上の健康被害が出たけど認められていない。
●北九州の位置的に山口県にも放射能が流れる。

まあざっと並べてもいくつかあるけど、これはほんの一部。

じゃあなぜ危険を冒してまで広域がれき処理をするのか?
このがれき処理には表に出て来ない状況がある。

がれきを受け入れて東北を応援したい方は、
ぜひ自分で調べて真実を知ってから
もう一度その気持ちを大切にしてほしい☆

震災がれきを広域処理すると何が問題なのか?

”震災がれき 広域処理 問題点”
で、調べてみたら新たな意見が出てくるかもしれない。
[PR]
by collier2 | 2012-09-17 14:03 | 311 | Comments(0)

どう対処するかは個人差だけど、一応情報として。

d0201155_11503071.jpg

今、スーパーやデパートなどで普通に売られている食材が、
他の国では輸入停止になっていること。

情報元は農林水産省が公表している
「諸外国・地域の規制措置(平成24年9月4日現在)」(PDF)

どの国も放射能が検出された地域に関しては基本的に輸入禁止。
その他の地域に関しても、
"政府作成の放射性物質の検査証明書や産地証明書を付けないと輸入しないよ"
または、"自分たちの国で検査させてもらって大丈夫だったら輸入するから"
というスタンス。

完全に日本の政府は他国に信用されてない。ありゃりゃ。。。
まあ当然だけどね。

そして、農林水産省が出してる確かな情報なのに、
こういうこと大きな声では日本の国内の人に知らせてくれない。
まあ驚かないけどね(笑)

で、肝心な日本に住む人たちにはどんな風に知らせてあるかというと、
出荷制限要請等の状況(9月3日更新)
福島県産以外では制限されてるほうが少ない。

政府のスタンスは、相変わらず"食べて応援!"
"消費者並びに小売業の皆様におかれましては、
普段どおりに買い物や商売をしていただくことを切にお願いいたします。"

とのこと。

と言われてもさー、実際問題
福島の子(18歳以下)の約3万8000人が甲状腺検査受診して、
3割強の人に異常があったのに、2次検査の対象は186人しかやってくれなくて、
「通常でもある事だから問題ない」で済まされて、
独自の甲状腺検査をしようとしたら拒否される(指示が出てるとの事)

っていう状況もあるところにね、

そんな人たちの言う事"そうですか、はいはい、じゃあ言う通りに。"って
信用する気になれないんだよね。
少なくともわたしは。

てことなので、各自が気をつけるしかない。と思って、
ちょっと前から地元の有機野菜セットを配達してもらう事にした。

旬の野菜の中から6~7品程度 で1,050円(配達料・消費税込み)だしね、
鹿児島県外にも有機野菜セットを2,000円+送料で発送してるみたい。

また嬉しいのは、添加物が少なくて放射線チェック済みの
野菜以外の商品も野菜と一緒に販売、配達してくれること。

だから少なくとも毎日食べる家の食事からは、
いつの間にか知らないうちに危険な可能性のあるものを食べる心配はなくなった。
ちゃんと選択してるから。

なので、自分の今の意識や行動が未来につながる。

これは基本的になんでもだけど、国の大本が信じられない以上、
今後ますます重要事項になるなぁと思う。

※写真は家の庭になったオクラの花。
家で育てる野菜も農薬使わないから(しかも固定種)安心食材♪



■NPO法人 かごしま食の家族
(前:かごしま有機無農薬野菜ネットワーク)
所在地:鹿児島市五ヶ別府町3638番地(園山農園内)
営業日:火曜日・金曜日
TEL/FAX: 099-283-0010(電話は火・金曜日8時~17時)
鹿児島県内の有機農家が育てた、旬の新鮮な有機無農薬野菜を届けてくれる。
[PR]
by collier2 | 2012-09-05 11:52 | 311 | Comments(0)

実はもうだいぶ変わって来てる。

d0201155_22421138.jpg

お盆疲れでこの話題に触れるのが遅すぎたけど、、、

原発パブコメ8万件集まったね!!
やったー!!

しかも原発ゼロの支持が多数派だって。
いえい!!

まあパブコメなのでアイデアが多い事が一番なのだけど、
原発ゼロの支持が多数なのであればそれなりにアイデアも集まってるはず!
(事を願う☆)

あとは、そもそも政策にどのように反映させるか?という点で、
初めから"ほんとに反映させる気あんの〜?"と、
怪しい目で見られていたのだけど…

まあでも世の中には必ずしも原発さよなら。じゃない人もいるけど、
世の中もなかなか変わらない昨今だけども、
(というより新しい問題がもう次から次へとつづいてる今日この頃だけども)
同じ気持ちの人が多いってのだけはうれしい事だね。

一部の特別な人が世の中をまだまだ過去に執着して引っ張ろうとしている中で、
大勢の一般人が"いやいやもう新しい社会作ろうよ!"と言ってるのは
ちょっと前に比べたらすごく大きなことだと思うんだよなぁ。

事態が変わらないから世の中変わってないような気がするけど、
実は、大勢の一般人が動き出してる事でもうだいぶ変わって来てる。

そこポイントだよなぁ♪
事態が変わらないと"あんだよもう!"と、もんもんしちゃいがちだけど、
変わってるほうに目を向けると"わお!わお!わお!"な状態なんだよね!

やっぱハッピー♡な気持ちになると元気も出てくるから、
そっち側見てこっ♪

ハッピーな気持ちにさせてくれて
みんなありがとう♥



※写真は、年間消費電力:一般家庭 約200世帯分まかなえる種子島にある風力発電
[PR]
by collier2 | 2012-08-19 22:44 | 311 | Comments(0)

初めて福島に住む方の声を聞きました。

d0201155_0484042.jpg

初めて福島に住む方の声を聞きました。

調べて知ってる事も多かったけど、記事から知る時と、
福島の方のフィルターを通して聞く時とでは自分の中で全然違うものになりました。
そして、"福島だったからこうなった。"という事はどこにもなく、
これが鹿児島でも全然おかしくない事ばかりでした。

話の中で印象的だった事は、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●福島を離れたくてもそれぞれに事情があって
簡単には離れられないのが現実という事。

●放射線の怖さは感じているものの、どの程度であればどう対処する
という基準がないのでどう対処すればいいのかがわからないという事。

●除染はされてるけど進捗がわからないという事。

●政府は"安全安全"ばかりなので、"本当に?違うでしょ?!"となり、
何がほんとで何が嘘なのかがわからないという事。

●1年を過ぎた辺りから何かが解禁されたように、
"復興復興"という流れになった事。まだ収束もしていないのに。

●いろんな考えの人がいて各自温度差があるので、
自分と同じ感覚の人と出会うのは難しいという事。

●"原発に関心がない。"という人に対して
"どうなんだろうか?"と思ってしまう事。

●こちらがどんだけ思っても国に思いは伝わらず、
原発以外の問題でも苦しい思いをしている人が沢山いるのでは?と感じる事。

●よって、社会全体がそういう風に出来ている。と感じてしまう事。

●なので、ひとりひとりがきちんと向き合わないと世の中は変わらないのでは。
と感じている事。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
他にもお話はいっぱいあったし、"まだまだ話したい事は沢山ある"と、
ご本人も言われてました。

けど、さらに印象的だったのは、
そういう暮らしの中で、鹿児島の人と縁がある事をふと思い出したとき、涙が出てくる。
と言われた事でした。

自分にできることは何だろう。。。また改めて考える機会となりました。
大きな事も出来ないし、ものすごいいいアイデアが浮かぶわけもないですが、
出来る事から考えてやっていきたいと思います。

お話会は明日も県民交流センターであります。
少しでも興味を持たれた方、ぜひ本物の声を聞いてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日にち:8月11日(土)
時間:14時〜15時30分まで
場所:かごしま県民交流センター大研究室 第1(東棟 3F)
所在地:鹿児島市山下町14-50
TEL:0992216600
参加費:無料
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主催:ママトコかごしま 市民ネット エネシフ鹿児島
問い合わせ先:井上さん 08064452358
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※写真は、"健康に影響を及ぼすレベルではありません。"が繰り返し書かれている、
福島県の方だけに配られたファイル。
これを見ると、事故以外の事の重大さ
(国が大きな災害を必死に最小限に見せよう!と表現している様子)が伝わってくる。
[PR]
by collier2 | 2012-08-11 00:48 | 311 | Comments(0)

日本に住んでる以上はっきりしてること。

d0201155_23542548.jpg

先日コメントをくださったじゅんさんが見られたという、
NHKスペシャルの、「メルトダウン連鎖の真相」を見た。

内容でわかったのは、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●SR弁に構造的な欠陥があった。

メルトダウン防ぐ安全装置がじつは動作しない構造。

●さらに同じ欠陥構造を持つ原発は日本に26機ある。

●その検証や対策は今現在何も行われていない。

●最後の安全装置であるベントも地震で機器配管系が損傷を受け作動しなかった。

●3号機は必要なバッテリーが調達できず、その為防げる事が防げないケースが多々あった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
などなど…

まあ、安全安全で今までやって来たし、いつもその場しのぎのやり方なので、
事故に備えた準備もしてなくて、道具もなかったので思うように対策も出来ず、
"もっと準備してれば防げる事はいくらでもあった。"
と東電の現場の社員も漏らしているような内容だった。

それに比較して出てくるのがアメリカ。
アメリカではいろんなケースに対応できるよう用意もしてるし、
電力会社の人以外で放射能に対応できる特殊部隊も組んでて、
危険な場面でも作業ができるよう役割を決めて訓練してるし、
"行く。行かない。で躊躇するような人は一人もいない。"
だそう。

日本では事故が起きたとき、対応に当たる人がいなくて、
どうしようもなくて、訓練を受けていない消防団や自衛隊の方に
恐怖の中動いてもらってたもんね、、、

あー、原発を推進するなら推進するなりにきちんと事故に備えて用意してるのね。
普通そうだよね、
他国に日本はアホなのか!? と思われてるかもしれないよ。。。


日本は今まで安全神話に頼り切って、
いざ大事故が起きて、ほんとに死ぬ程怖い思いをしたのは東電さん本人のはずだけど、
上の人たちの考えで、自分たちの準備不足は出来るだけ隠し通して、

こんな事故が二度と起きないよう自分たちの経験やデータを公表して
他電力会社に活かす…なんて事はしないわけね、


もし東電が今までの過ちを認めて改心して、
他電力会社に経験したからこそや同じ立場だからこそのアドバイスをして、
動かすならきちんと検証、検査、確認、訓練がいかに大事かとか、
急がない方がいいとか、

原発をもう一度見直して、後処理はしながら、
共に新エネルギーの開発にも取りかかってみないかとか、
そんな動きをしたらものすごくかっこいい企業になったと思うのだけど…
残念だな、、、

ほんとはいつからでも、今からでも遅くないと思うけど、
私たちには理解できない何かにしがみつきたいんだから仕方ないか、


とにかくこんな状況の中、他の原発を再稼働してるのが、
今の日本ということ。

原発に推進しようが反対しようが無関心だろうが、
日本に住んでる以上はみんな運命共同体ということ。
それだけははっきりしてる。


「メルトダウン連鎖の真相」の動画はこちらから。
[PR]
by collier2 | 2012-07-28 23:55 | 311 | Comments(2)

オリンピックに夢中になってる間にこんな報告。



みんながオリンピックに夢中になってる間にこんなニュースが報道された。

「文科省、SPEEDI活用めぐり報告書 「言い訳」ともとれる表現も」
(動画が見られない方はこちらでどうぞ。)

要約すると…
"最初に自分たちの役割として決められていた事をやっていれば
その情報がどう活用されるかということについては自分たちの責任ではない。"
と言う事が表れている報告書を震災があった約1年4ヶ月後の今頃、
文科省が出してきたよ。
というおはなし。

これが先日話題にした官僚のお仕事っぷり。

国民のお金を使ってこういうお仕事の仕方をしているのが官僚でーす!
ということ。

"みんながオリンピックに夢中になってるうちにこの情報を出してみましたー!"
というあちら側の意図もちゃんと見逃さずに理解してあげなきゃね。

"こういうものですよ。"
ということをまずはみんなで共有しておこうかな。
[PR]
by collier2 | 2012-07-28 12:23 | 311 | Comments(0)

自分の住む町に原発があるってこういうこと。



ここ最近、眠れない夜があった。
ベッドに入ったままも苦しいので、テレビを付けてみた。

すると放送していたのは「原発マネーの幻想」というドキュメンタリー番組。
山口県の上関原発がある上関町が舞台だ。

上関町は311前に新しい原発の建設が予定されていた。
けれど福島の事故後保留になり、
新しい原発の建設は中止でもなく再開でもなく中途半端な状態に。

実はこの町は推進派と反対派でぱっきり分かれていて、
30年も前から対立している場所。

とくに、「祝の島」という映画にまでなった祝島(いわいしま)は、
住民の9割が反対派。

毎週月曜日に島内を歩くデモ行進が恒例になっていて、
30年ですでに1,100回を超えるらしい。

す、すごい。 
ここ最近"再稼働やめて!"と、
言い出した私たちとは比べものにならない程に年季が入ってる!


最初に声を上げたのは島のおばあちゃんたち。
おばあちゃんたちは、電力会社から"お金を渡すから"と言われても、
"島を守る。生活を守る。"と、絶対に首を縦にふらなかった。

今も年季の入った旗を片手に、
「きれいな海を守ろう、きれいなふるさとを守ろう」と声を上げている。



一方推進派の人々は今まで入っていた原発交付金が入らなくなり、
町の予算が立ち行かなくなって追いつめられていた。

町に2011年度までに入った原発関連交付金の総額は約56億5千万円。
原発を立地するとこんなに大金が動く。

そしてこのお金の出所は私たちの税金と電気代。(ああ、やっぱり、、、)
そんな大金があるなら被災した町にどんどん使ってもらいたいのに。


そしてそのお金は何に使われるかというと、
維持費がかかる施設の建設に使われていく。

するとどうなるかというと、
維持費がかかるのでお金が入ってこないと営業が続けられなくなる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
例えば宿泊施設。
今までにもらったお金を使って立派なホテルを建てたとする。

原発関連で働く人々がお客さんとして来てくれるはずだったのに、
原発の建設や稼働が止まるとお客さんは来ない。
 
維持をするための交付金をもらいつづけないと住民たちは困るのに、
維持費は自己負担になる。その上収益も得られない。

そしてもう原発が稼働してくれないとどうしようもない状態に陥る。
他の人がいくら"原発やめて!"と言おうが聞く耳を持つ余裕はなくなる。
だから推進する。

”自分の住む町を売る。”という事はこういう事になるのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

だけど、推進派も反対派も見た目は同じように見えるやさしい町の人々。
こんな事がなければ同じ町の住人として仲良く暮らしていたのかもしれない。

けど、原発立地場所として目を付けられたせいで、
住民は分裂し対立し、どちらも後には引けない状態で30年も過ごしてる。


原発は危険だったり、核ゴミの捨て場がないという重要な問題もある上に、
さらにこんな状況まで全国に作り出している。

そしてそれが繰り広げられているのは地方。
私たちの住む鹿児島県の、川内もその中のひとつだ。


ここまでのものが揃っていて、
それでも原発を動かし続けなければいけないのかな、
(電気が足りないから。と思う方はこちらへ。)

故郷や自然や、安全な人の暮らし、人の気持ち、
それに代えられるものってあるのだろうか、

どう考えても自分にはやっぱりあるように思えない。
その一言に尽きてしまうよ。
[PR]
by collier2 | 2012-07-02 19:09 | 311 | Comments(0)

原発の事がいまいちわからないすべての人へ。

d0201155_1195454.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原発が危険だったり、
場合によってはもしかしたら電気も足りるのかもしれないけど、
そもそも原発の中身がよくわからない。

なかなか複雑そうだからどうも詳細を見る気がしない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と思うすべての人へ。
ちょっとわかりやすいアニメとドラマを見つけた。

これなら観れるかもしれない。

中身は約10分。
観るだけなので文章よりも入ってきやすいかも。

前回の文章で断念した人も、これならいけるかも!

騙されたと思って、
"しょうがないなぁ、ちょっとだよ?"と思って、

今度こそ、みてほしいよ☆
[PR]
by collier2 | 2012-07-01 01:30 | 311 | Comments(0)

仕事中の人も、今視れる方は少しでも見てほしい。

仕事中の人も、今視れる方は少しでも見てほしい。
これがどこのテレビでも報道されない今だよ。

■再稼働しないでほしい!に3万人以上 首相官邸前
http://www.ustream.tv/channel/7259756

--------------------------------------------------------------

結果、実際にデモをしてた方は4万人という話も。
USTREAMでリアルタイムに視た人は1万人越えした。

でも今の所ニュースを見てもNHKでは放送されない。
報道ステーションで放送があるのかどうかが見所だ。

--------------------------------------------------------------

報道ステーション、ありのままを報道してくれた。
ありがとう。

官邸内までデモの声が響いていた事、
枝野さんと細野さんに"官邸の外で国民が再稼働しないで!の声を上げてますが?"の問いに、
枝野さんは無視で、細野さんは"急いでるので"と言って車に乗り込み、
デモをしてるみんなの横を車で通り抜ける所まで報道してくれていた。

デモに参加した人も、反対市民派などではなく、
ごく一般の、仕事帰りの人がTwitterで集まったのが4万5千人にものぼったこと、
そして、古館さんの「原発を脱しなければならないと僕は思う」
というはっきりとしたコメント…。

--------------------------------------------------------------

原発が今後本当に必ず必要なものなのか?

急いで再稼働するんじゃなくて、
政治家や電力会社だけで決めるんじゃなくて、
もう一度みんなで大事なことだからじっくり考えてから決める。

推進する人も反対する人も、
日本の人はみんなで一緒に考えていく必要があると思う。

まずはお互いの話を聞くことから。
どうして必要だと思うの?どうして必要じゃないと思うの?

身近な人に聞いたら、
"原発が動かないと電気が足りなくなるから。"
人によっては本当にそう思っている人がいるけどそれは違う。

もし仮にそうだったとして、
じゃあ今日本中の原発は停まってるけど停電にはならないってことは、
夏のピーク時だけって事になるね。
じゃあ夏のピーク時のみのためだけに日本中の大きな原発を稼働するのかな…?
他に出来る事は全くないのかな…?

まずはそこから。
簡単じゃないけど、少しずつ少しずつ。

--------------------------------------------------------------

大飯再稼働撤回求める 官邸前で「4万人」抗議
[PR]
by collier2 | 2012-06-22 18:58 | 311 | Comments(0)