カメラで見た、日常。鹿児島のお店の紹介や、日々思った事など。


by collier2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
個人的な出来事
おいしいものめぐり
雑貨めぐり
かごしまもの
観た映画
集めてるもの
気になるイベント
てづくり
311
防災
かごしま(もの)めぐり
かごしま(食)めぐり
未来について
山登り
未分類

以前の記事

2016年 10月
2014年 12月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

その他のジャンル

ブクログ

最新の記事

お久しぶりです!
at 2016-10-29 07:27
ひとんちに行って来た!
at 2014-12-11 00:26
スマホでの更新はむつかしい…
at 2014-12-09 23:35
ブログをやめたわけではないの..
at 2014-12-06 00:58
Filmvak
at 2014-05-16 17:50

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

カテゴリ:防災( 8 )

天の気。



最近また地震が多発して震度5のお知らせが突然テレビやスマホから来たりする。

震度5ってどんなだろう?
メディアで聞く分には慣れたけど、経験したらびっくりすると思う。

実際震源地付近では道路が割れたりしているし、
被害は小さくない。

311であのような事態を目にしてから、日本全国、いや世界中、
どこで何が起きてもおかしくないんだとは思っているものの、
いつもびくびくするのは疲れるので、
ここぞという期間だけチカラを入れるようにしている。

そこで、どうやったら期間を見極められるか? と言う事で、
ちょっと前から用心にあたってある材料を利用する事にしている。

それは、宇宙の天気予報。

日頃私たちは、自分の国や地域の天気予報を見ながら、
生活に関わる行動を決めたりそのための注意をしたりしているのだけど、
それをもっと大きな範囲で見られるのがこの宇宙天気予報だ。

これを知ると、今までの小さな範囲の局地的だった情報から、
地球規模やその周辺の様子が把握出来て、
"なんでこの時期外れにこんな気象?"とか、
"どうして最近世界中のあちこちで地震が多いんだ?"
というのが少しは理解出来たりする。

例えば、
高いクラスの太陽フレア(太陽面爆発)が発生したという発表の後に、
ちょっと大きめの地震が起こっている事が多かったりするのだ。

実際、今の所太陽フレアが地震を引き起こすメカニズムは
科学的に解明されていないのだけど、歴史を検証すると、
太陽フレアと大地震には関連性がみられるのだそう。

※NASAによる太陽フレアと地震に関する資料
「宇宙物理学関係文献情報検索システム」
(The SAO/NASA Astrophysics Data System)の公開資料(太陽と地震)


簡単に内容を紹介すると、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1991年から2007年の間に発生した
682回のマグニチュード4.0以上の地震と太陽フレアの関係を調べた結果、
50回の地震については、太陽フレアが発生した位置と
その後の地球上での地震発生について、興味深い結果が得られた。

太陽フレアで発生した荷電粒子が、宇宙空間で加速し、
天体に衝撃を与え、地球の磁気圏では、環状電流を発生することによって、
断層におけるテクトニクスプレートの突発的な移動を引き起こす。

さらに、そのようなプレートの突発的な移動が
空間の熱勾配を増加させて、地震を引き起こす。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まあ全てではないにしろ、他に地震を予知するような材料が
自分の中では今の所ないので、
(よく考えたら日頃の天気予報だって全ては当たらないしね 苦笑)
参考にしてるところ。

ただ、上に紹介した宇宙の天気予報を見ただけじゃ
研究不足の自分はピンとこなかったりするので、
検証をしているサイトを探してそれを材料にしてる。

検証サイトは様々な角度から多数あり、
いろんな要素が含まれていたりするので、
自分に合った(すんなり入ってくる)サイトを見つけて材料にするのが一番♪

けどいろんな方向から検証されているので正直おもしろい。
一見こわい地震の予測も、恐怖心だけではなく、
おぉ〜!!と感心しながら進めて、用心や防災にメリハリがつけられるので
わたし自身はいいヒントになっているところ☆


そういえば天気って漢字、天の気で天気かあ、
改めて考えるとなんか感慨深いなぁ。
[PR]
by collier2 | 2013-04-19 12:11 | 防災 | Comments(0)

ヘルメットまで持ってるんだって。

d0201155_17374845.jpg

いやぁ、昨日の地震にはちょっとどきどきさせられたなぁ。

テレビが緊急地震速報に切り替わるのはなんとなく感じてたけど、
NHK見てたもんで例のあの音がなって、アナウンサーのただごとじゃない雰囲気の、

「東日本大震災を思い出してください」
「可能な限り高いところに逃げてください」
「命を守るために急いで逃げてください」

という声が響いて、画面には赤色で目立つテロップで、
「津波!避難!」と書かれていて、
見ている途中はなんかどきどきしてしまって気持ちが落ち着かなかった。

宮城の方は避難しながら泣いてた人もいたらしい。
311を思い出しちゃったんだよね、、、

今回は一時1万7700人の方々が避難したらしいけど、
311を経験した方たちだからそんなに多くの方が反応したんだよね。

これが鹿児島だったら、鹿児島じゃなくても地震が普段来ない地域だったら、、、
こんなに素早く反応出来ないだろうなぁと思った。

311以降、津波に備えて訓練している団体は動けるだろうけど、
そういう準備をしてない人は厳しいだろうなぁ。


わたしもリュックの防災用品見直した。

ここに引っ越す前に、海抜の高さと津波が来ないかチェックをしてから引っ越ししたけど、
市からもらった防災マップを見ると、
鹿児島は海に面してるので、あとは川の側とか海抜が20m以下の場所が多い。

だから、いざという時の事を考えて、防災の準備や家族での話し合いをしておいて、
準備しすぎて笑われるくらいでいいかなと思ってる(苦笑)


まあけどね、地震や津波や噴火や自然災害、怖いんだけど、
怖い怖いでびくびくしてちゃ楽しくないので、
きちんと備えをして、あとは日々を楽しむ☆


大切な人を大事にしたり、
ケンカをしたら仲直りをしてすっきりしたり、
仕事で頑張り過ぎたら好きな事して自分を大事にしたり、
上や下を見てもキリがないから今の自分の幸せを味わったりさ。

そんな事をしてたらだんだんといい方向に進んでるような気がする♪


世の中は思うように行かない事が多いけど、
周りを見てみると素敵な人たちが多い事に気付く。

だからあんまり落ちなくてもいいんだ。
そんな人たちと同じ時期にここにいられてよかったなぁ☆
そっちのほうがうれしいや。

人生は短いけど長いので、細く長くテンション保つには、
楽しみと、希望と、静かに熱い思いと、ゆるさがポイントかなぁと思うようになった。
そしたらだんだん他の部分もくっついてくるしね☆

あー おじい、日本が魔法の国になれるといいなぁ(笑)
[PR]
by collier2 | 2012-12-08 18:27 | 防災 | Comments(6)

忘れた頃に。。。

d0201155_14202343.jpg

12月に入った。
毎年の事ながら一年は早いと誰もが思う今日この頃。

最近、またちょっと騒がしくなってきたので防災意識を高めなければ。
と思ったりした。

前は防災用品の専用商品をせっせと備えていたけれど、
最近は、普段も使える防災用品を使う暮らしに少しずつシフトするようにしている。

炊飯ジャーが壊れたのをきっかけにご飯はお釜で炊く事にしたり、
祖母からもらった昔のアラジン魔法瓶は毎日フル稼働だし、
今週末にかけて鹿児島でも冷え込むらしいので、昨日はとうとう湯たんぽを出した。

あとは、長時間停電になった時や節電にもなるし、
ご飯が冷めてもおいしいので、おひつや、竹や木で出来たお弁当箱もいいなぁ。
と、考えたりしてる。

そう考えるとほしいものが、流行りですたれて使えなくなるようなものじゃなく、
いつまでも使えそうなものになってくるので、無駄遣いじゃなくなってくる。

もちろん非常時にも役に立つし、普段使いもできる。

非常時だけの物だと、あんまりお金もかけられないけど、
通常に使えるものなら買いやすいし、
それがきちんとした作りだったりすると一生ものになるし、
多少高くても"これって無駄使いだろうか、、、"という変なモヤモヤ感を味わうことなく、
気持ちよくお買い物もできて、これからずっと大切に使っていこう☆
という気になる。

安くていいものがあれば一番いいけど、安くても使わなくなる物は
ゴミになる割合も高く、お金と資源の無駄使いになりかねないので、
目先だけで見ず先をきちんと見た上での視点がちょっとした所でも大事だなぁ。。。
と感じた。

今気になってるのはSTANLEYのクラシック真空フードジャー
これだったら日頃のお弁当や登山のランチタイムにも活躍しそう☆

個人的には、電気使ってないのに実用的〜♪なものがブーム!
そういうのって日本の工芸品に多かったりするんだよね、
やっぱ昔の人はすごいよ。

まだまだいいものが再び見直される事ってこれから多いのかもしれないな♪
[PR]
by collier2 | 2012-12-04 15:13 | 防災 | Comments(0)

宗介とリサのあの家のように。

d0201155_21581141.jpg

今日は防災の日だった。

各地で災害や原発に対して等の避難訓練が行われたようだ。
つい最近出た南海トラフの被害想定では最悪で死者32万人なんて数字も出た。

農水省が新マニュアルを出して、備蓄の目安を2週間に。との事だった。

わたしの場合は、備蓄はしてたのだけど、
持ち出しのリュックのほうが入れすぎて重すぎて"これは逃げる間に力尽きる。。。"(苦笑)
と思い直して、今は最低限のものを入れた小さなバックに変更した。

防災グッズについては、無印良品がいろいろと用意しているので、
以前よりも揃えやすくなった。

話はちょっとそれるのだけど、この間テレビで「崖の上のポニョ」を観た時に、
宗介とリサが船乗りの耕一の留守を守る崖の上の一軒家での夜が
小学生の頃の台風の夜の感じに似ていて、

外は嵐なのに家の中は安全で、電気が付いたりガスがついたり、
食事にありつけたり、危険だけどちょっとわくわくしたり…。

まあ小学生だったからこそわくわくできたんだろうけど(苦笑)
けどきちんと備えをしてたら、
不安な気持ちがちょっと安心な気持ちに変わったりしそうだなぁなんて…。

なのでその影響か今は自家発電が気になったりしているけど(笑)

宗介とリサのあの家のように、
外は嵐でもあたたかい安心できる場所が作れたらいいなぁ。

災害がくれば誰でも不安だし不安定な生活を送ることになるけど、
そういう時にちょっとでも居心地のいい空間づくりや、
準備できることはやっておきたいものだなぁ。


写真は桜島。
かごしまの場合は、この桜島も大好きだけど用心しなければならない存在。

いざという時のために各自ができる準備、
みんなよろしくたのみます!
[PR]
by collier2 | 2012-09-01 23:18 | 防災 | Comments(0)

保存缶。

d0201155_23345498.jpg

最近、また地震の起こる可能性についてささやかれているので注意が必要だ。

備蓄用品は、一気に買うとお金もかかるので、ちょびちょび集めている。
今日はリッツの缶を購入。
これで赤い保存缶が3つ。

保存缶は、この他大手からだとグリコからキャラメルの缶
ロッテからコアラのマーチが出ている。

普通の賞味期限のお菓子を備蓄すると、ついつい手が出てしまいがちだけど、
5年保存可能だったりすると、もったいなくて食べないのでいい。

5年後というのは結構先だ。
今からだと2017年。

なので、5年後無事に”もうすぐ賞味期限切れるから。”と、
この缶を開ける事ができればいいな。と思う。

でももし、それまでに何かあっても、
前向きな気持ちでこの缶を開けられる自分でありたいなと思う。
[PR]
by collier2 | 2012-03-20 23:53 | 防災 | Comments(0)

「全国地震動予測地図」

d0201155_2120318.jpg

「全国地震動予測地図」とは、
将来日本で発生する恐れのある地震による強い揺れを予測し、
予測結果を地図として表したものらしい。

日本は活断層の上にある国なので、地震が多いのは当然なのだけど、
311以降の地震の回数はやっぱり尋常じゃない。

3月11日以降の日本の地震地図

これを見ると、311以降いかに地震が起こっているのかがわかる。

今日、首都直下地震の対策を検討している文科省の研究チームが
震度の見直しを、震度6強より大きい震度7の揺れが予想されると発表した。

理由は震源のプレート境界が従来予想より10キロ浅いことが明らかになったため。
震源が近いほど揺れが大きくなるからだ。

東北や関東方面の注意はもちろんのこと、それ以外の地域も、
”もしも”に備える必要があると思う。

この”もしも”なのだけれど、こっち側には地震来ないし、来たとしても大きくないと思うから。
という考えも中にはあるかもしれないけど、

普通の"もしも"だけじゃなくて、もしいろいろなものが集まっている
関東方面に大きな地震が来たらどうなるか?

家族や友達や知り合いや親戚がもしいない場合でも、
自分の暮らしを出来るだけストップさせない為に、
仕事上でも家庭生活でも出来る事は判断して準備しておいたら、
311の時のようなみんなが一斉に集中して行き渡らないという事が
少しでも減るように感じるし。

同じ時期に集中させないで、各自日頃から備蓄や準備をしておけば、
いざという時にみんなが困らない。とかね。

店に慌てて走る人が少しでも減れば、
行くべき人の所に行くべきものが少しでも迅速に届くかもしれないしね。

とにかく日本中がいろんな”もしも”に備えて考えて行動に移せば、
災害が起きる前から、見えない部分で日本の負担を少しは減らせるかもしれない。
ひとりひとりの行動で☆

そして、この地震動予測地図で、ぜひ自分の家や大切な人の家を確認して、
その場所場所の備えを日頃から考えておけば、
もしも大きな地震が来ても、被害が少しは減るかもしれないから。


地震ハザードステーション(全国地震動予測地図)
[PR]
by collier2 | 2012-03-08 23:25 | 防災 | Comments(0)

シュミレーションしてみる。

d0201155_2231036.jpg

最近、また地震が増えてるみたいだ。
いざというときのためにちょっと役立ちそうな、こんなサイトを見つけた。

やってみると、自分が正しい対処が出来る場面と、
出来ない場面がよくわかるようになっている。

こどもと一緒にも出来そうなので、
一度体験するとわかりやすい。

他にも、自分の部屋をチェックしたり、
揺れ方をシュミレーションしたり、
全国の自治体の防災情報も確認出来るので何かと便利だ。

ちなみにわたしが間違って覚えていた点は、
ガスの元栓を閉めること。

ガスの元栓って、てっきりキッチンのコンロの側の元栓かと思っていたら、
ガス屋さんがメーターチェックする外の元栓だった。

だからもし地震が来て、家から脱出する時は、
家の中のブレーカーと、外のガスの元栓を切らないとね。

あ、あとスリッパを履く生活をしてたほうが
地震で物が散乱している部屋を歩きやすいということも。

うーん、勉強になったよ!
ありがとう。


内閣府 防災シュミレーター
[PR]
by collier2 | 2012-01-23 22:36 | 防災 | Comments(0)

身を守ってくれるもの。

d0201155_13402175.jpg

ベッドの横に防災リュックを置いている。

防災用品を揃えだしたのは2004年から。
新潟中越地震が起きた後だった。

今では当たり前になった防災用品も、
当時は部屋に防災リュックを見かけると笑う人とかいた。
(今でもいるけどね。)

けれど、その7年後に311というあんな大きな災害が起こるなんて考えもしなかった。

災害直後は誰もがただただ災害の大きさ、その破壊力に圧倒されて、
何も言えなくなった。

もし事前にわかってたら・・・と、思ったりもした。

自分にそんな力はないけれど、だんだんと時間が経って、
誰もが黙り込んでしまったあの災害を直視することが少なくなってきた最近、
災害に備えよう。と、一緒に気をつける事は出来るな。と思った。

ということで、わたしのリュックの中身を紹介!

アウトドアをする人なら知ってるのだろうけど、
2004年当時、私はこれを知らなかった!

アルミブランケット

防水・防寒・防暑効果があり、毛布・防寒具・雨具、
緊急災害避難時には光を反射し、居場所を知らせる役割も!
これは軽くてコンパクトなのでリュックにも入れやすい。

売ってる場所は、アウトドア用品、防災用品のコーナー。

私のは宇宙で使われてたものと同じのJAXAの売店で買ったもの(笑)
防災用品も楽しんで揃えたいという思いから☆


311以降、プレートが大幅に移動して、
日本中どこで何が起きても不思議じゃないと言われている。

311は1000年に一度の震災と言われたけれど、
それは1000年に一度の地震(311)じゃなくて、
1000年に大きな地震(一回とは限らない)が来る。
ということらしい。

311はあくまでも始まりであり、
今後は今までの防災意識や体制ではとても収拾がつかない事態が予想される。
と、多くの専門家も言ってるので、
準備できるものはきちんと準備して、家族でも非常時の行動を示し合わせて、
そして毎日を楽しみたいなぁと思う。


けど、地震や災害を悪者にはできないように思う。
人間の体に異変が起こるように、地震や災害も地球のサイクルの一部だと思うから。
私たちが知らないだけで。

地球本体も木や植物のようにひとつの生命体で、
桜島のように火山が噴火したり、錦江湾の底でたぎりがあったり、
私たちと同じように生きてるんだと思う。

人間の体は、本人の自覚があってもなくても、
ストレスが溜まると病気になる事が多いけど、

それと一緒で、地球も自分の身辺周辺で、
いろいろと人間にとって(一見)都合のいい事をされると、
自然な身体調整が出来なくてストレスが溜まって影響が出るのかもしれない。

地球が”いきもの”は、当たり前すぎて今まで意識してこなかったけど、
”住める場所を貸してくれてありがとう。”という気持ちで、
これからは接したいと思った。
[PR]
by collier2 | 2012-01-11 13:46 | 防災 | Comments(0)