カメラで見た、日常。鹿児島のお店の紹介や、日々思った事など。


by collier2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
個人的な出来事
おいしいものめぐり
雑貨めぐり
かごしまもの
観た映画
集めてるもの
気になるイベント
てづくり
311
防災
かごしま(もの)めぐり
かごしま(食)めぐり
未来について
山登り
未分類

以前の記事

2016年 10月
2014年 12月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

その他のジャンル

ブクログ

最新の記事

お久しぶりです!
at 2016-10-29 07:27
ひとんちに行って来た!
at 2014-12-11 00:26
スマホでの更新はむつかしい…
at 2014-12-09 23:35
ブログをやめたわけではないの..
at 2014-12-06 00:58
Filmvak
at 2014-05-16 17:50

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2011年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ここはひとつ。

d0201155_14491655.jpg

連休が始まる。

疲れ切った体と心をリフレッシュするぞ!と、
勝手に意気込んでいる。

そして、とりあえずゆっくりしよう。

溜まった録画分の番組と、溜まった睡眠不足と、
溜まった家の事を消化しなければ。。。

今回のGWは、震災の影響でいろんな所に影響が出ているとのこと。

何も予定してない場合は、地元に貢献もありだし、
みんながそれぞれここはひとつ、
いつもみたいに我慢しないで、
何か好きなものを買う。ってのもいいな。

好きなものなんだし、いらないものじゃないし、
なにより好きなもの手に入るとHAPPY!な気分になるし、
みんながそれぞれ買ったら何かしら影響が出るかも?!って事で。

あとは、家族や大切な人と外食をする。
これでもいいな。

たまには家族や大切な人と気分を変えて、
テレビもない場所で、普段しないような会話をするとか。
何よりいつも行かないと思い出になるし、
お店も潤うしね。

震災が起こる前からも、
不景気の影響で全体的に買い物も外食も
そんなにしてなかったと思うけど、

今回の震災を受けて、みんなそれぞれ痛手を負ったけど、
動ける人が、みんなで動かさないと経済よくなりません。
という事なら、買い物や外食は、
悪い話じゃないなぁ。と思ったりする。


なので今年は、新燃岳の影響で
ちょっと元気のない霧島に行く事にした。

自分の中のルールは、県外から来た人。っていうてい。

県外に行けなかったから、
自分がよそから鹿児島に来ました~。っていう。

そしたら、昔から何度も行った事ある霧島が、
少しは新鮮な気分になるのでは?という遊び(苦笑)

したい事は、鳥の声しか聞こえないような場所で
風と木々の音を聞いて、目をつぶって癒される事。

どっかの場面でぜひやりたいと思ってるとこ。
できたらいいなぁ。

やらないといけない事もやりたい事も
いっぱいある連休だけど、とにかくリフレッシュして、
明けの仕事に向けて準備しよう。と思う。


でも、仕事の人もきっといるだろうから・・・
自分も過去に、経験がある。

その時は、今の自分は仕事をすべきって事で、
後々の何かに意味がある。と思っていた。

そういう方々が事故もなく
無事に仕事が出来るように祈ってる。

仕事の方々がいるから、休みの人が楽しめるわけで、
今回仕事の方々が休みの時楽しめるように、
連休明け仕事をするパワーを作ってこよう!

みんなで順番にがんばろう。

愛国心に目覚めた?!
時から、
日本の人、ひとりひとり好きだからさ、
大事だし、なんか大切にしたい気持ち。







です。
[PR]
by collier2 | 2011-04-28 12:32 | 個人的な出来事 | Comments(2)

当事者が見ている日常の光景。

d0201155_1305960.jpg

これまで私たちが目にしていた現地の写真は、
メディアに属した人たちが撮影したものだった。

これは、あの震災を経験し、
今も被災進行中の当事者から見た日常の光景だ。


写真というのは、不思議なもので、
同じ場所や同じ場面でも、
撮った人でがらっと印象が変わるもの。

それは単純に上手い下手ではなく、
撮った人のその時の感情や立場が大きく出てしまう。

だからそういう意味で、
この状態で撮られた写真たちは、すごく貴重。


写真を順に見ていくと、
撮った人それぞれに切り取る部分が違うのがよくわかる。

この撮影者の中には、おそらく小学生くらいの子どもかな?
というものもある。

その子の見る目線の写真と、
また大人が撮った写真とでは全く被写体が違うし、
受ける印象も違う。


でも、写真を見ているうちに、
瓦礫の中を遊ぶ子どもたちや、
学校の狭い廊下が一家の住まいになっているのを見て、
違和感を感じる。

そうか、この違和感な状態が彼らの日常なのか・・・。

そう思うと、”被災生活”に疑似体験をする自分がいた。

これが朝起きたら見える街の光景で、
これが街を進むと見えて来る光景・・・。

周りの人の表情、状態、
自分が知ってる以前の街はもうなくて、
後には戻れないという事。
亡くなった人にももう会えないという事。

そして前に進むわけだけど
この生活がいつまで続くのか、どのように変化していくのか、
わからないという事。

写真を見ただけでもざっとこれだけの事を感じた。

でもこういう事は、わかっていた事だ。
これまでの情報で知っていたし、
ちょっと想像すればわかる。

ただ違うのは、
当事者の写真を見て新たに感じた、
”それが身近な出来事として自分の心にぐっと入ってきた。”
ということ。

それは、やっぱり当事者が撮った目線の写真を
見たからだと思う。

どこのメディアでもない、
実際に被災生活を送り、今も進行中の当事者の写真。

これはやっぱり、
普段私たちがメディアを通して見る写真とは全然違う。


サイトの運営者は言っている。
------------------------------------------------------------------
ここでの写真をみて現地に対して何かしたいと思う方がいましたら、
是非行動してください。
自分の信じられる方法、信じられる機構を利用して、
どうか被災地により多く、より永く支援を届けてください。
------------------------------------------------------------------

”より多く、より永く。”

当事者だけでなく私たちも、
しぶとく生き、
国の問題を抱え、支え、
それぞれの日々の問題も持ちながら、
被災生活を送る同じ国の仲間に支援とエールを送り、
また、前に進まなければ。

苦しい場面もあるけれど、きっとそれだけじゃない。
思わず笑ってしまうその時の為に、
また歩き続けよう。


ROLLS TOHOKU 3/31-4/3

[PR]
by collier2 | 2011-04-27 12:14 | 311 | Comments(0)

SWINDLE FACTORY

d0201155_12443652.jpg

先日、久しぶりの福岡での街歩き。

福岡に詳しい人に、どこかいいとこ知らない?
と尋ねると、どういうところがいいの?
と聞かれたので、古くて味のあるところ。
と答えた。

紹介されたのは大名。

むかしむかし、行った事があるかな、ないかな、
程度の感じだったので、楽しみに行った。

紹介されたサイトにあった、SWINDLE FACTORYというお店。

外観がピンクで、中に入ると
日本じゃないような不思議な雰囲気のお店だった。

タコライスと、かぼちゃとナッツのホットサンドをオーダーしたら、
すごくおいしくて、久々にタコライスが作りたくなった。

オーナーの女性もかわいこちゃんで、
なんか全体的にゆるくて、
最近ガチガチになっていた気持ちを
ほぐしてくれるようなひとときだった。

d0201155_12593148.jpg

SWINDLE FACTORY
所在地:福岡市中央区大名1-9-17
営業時間:12:00~24:00
TEL:099-722-1408
[PR]
by collier2 | 2011-04-26 12:44 | おいしいものめぐり | Comments(0)

しあわせに触れた日。

d0201155_12461183.jpg

新幹線さくらで、初めて博方まで。

年下の幼なじみ(男性)の結婚式&披露宴に参加、
あんなに小さかったのになぁ、と、感慨深い思いで過ごす。

幸せなムード漂う会場は、
それぞれのいろいろな思いで染められて、
本当に家族と家族の物語だなぁ。と、改めて思う。


そして福岡は、久しぶりすぎる場所だったので、
行く場所行く場所新鮮で、街歩きが楽しかった。

仕事仕事で疲れ切った体じゃなければ、
もっと満喫したかった。。。

夜は、ホテルでゆっくりしてると、
高校の友達からおめでたの明るい話題★

久々の電話で、「どうした?」というこちらの問いに、
「別になんでもないんだけどさ・・・」って言いながら、
よくよく聞くと、
「俺が父親だよ?! 考えられないでしょ?」って
嬉しそうな声が受話器から(苦笑)

いやいや 全然何でもなくないし。
お祝いの言葉を交わして、電話を切る。

このための電話だったのかー。
なんでもないなんてややこしい奴だぜ。
照れてんのかなー。

なんて思いながら、
昔は男の子だった男性2人の、
おめでたい事に触れた一日だった。



男の人が家族を持つと、
プレッシャーや責任も大きいだろうけど、
きみたちならいい家族を頼もしく作ってくれると思うよ!!

いつまでもお幸せに。
心からおめでとう。
[PR]
by collier2 | 2011-04-25 12:46 | 個人的な出来事 | Comments(0)

これからも。

d0201155_16493631.jpg

311の日以降、
その余りにも大きい出来事を前に、

自分のやっている事や、好きな事に対して、
○○なんて・・・と思いがちだった。

当日は、自分の見ている画面の中に凄まじい映像が流れて、
一方で、自分の仕事を進める事に、

手を止めて何が出来る訳ではないけど、
”仕事とかやってる場合なのだろうか、、、”という気にもなったし、

何か好きなものを買う。とか、
ショックが大きすぎて、とてもじゃないけどそういう気分になれなかった。

混乱と情報が溢れる中で、
何が正しいのかさえもよくわからなかったし、
一意見としても、何がいいのかもよくわからなかった。

けど、自分よりもっと影響を与える立場の人でさえ、
”○○なんかやってていいのだろうか・・・。”
という思いになった。と聞いて、
これは日本中に相当なショックを与えた出来事だったんだなと、
改めて思う。

でも、止まっていても経済は動かないし、
影響のなかった地域が病んでても、
東北方面からその付近、都内からその付近は、
もっと影響のある毎日を過ごしてるし、
余震も続いてるし、
これからの電力不足にも対応していかなきゃならないし、

日々変わる状況を前にちょっと遠かろうが、
この小さな動きもやがて何かに変わる。と信じて、
動かなきゃいけないし、動きたい。

日々を楽しむのもよし、仕事を頑張るもよし、
子育てで大切な子どもたちに愛情を注ぐ事も大いによし、

私たちはこうやって生活をしていくのだな。
これからも。



被害に合われた人に安らぎを。
日本のみんなが少しでも元気になりますように。

海外から応援してくれているみんなへ、
ありがとう。

そして、今も原発のそばで過酷な作業を続けてくれている人へ、
感謝と応援の気持ちを精一杯送ります。

ほんとうにありがとう。
[PR]
by collier2 | 2011-04-22 12:39 | 311 | Comments(0)

いま、あなたの宝物は何ですか?

d0201155_12364251.jpg

「すべてを失った」。

という被災地で、自分だけの「宝物」を見せてくれている現地の方々。

さまざまなものをいとおしそうに手にする方々が、
カメラの前にいた。


自分も、今回の震災でふと考えていた。

数々の大切なものを、私たちは所有し、
保管している。

すべてが流されてしまったあの状況で、
そういうものをすべてひっくるめて、
一番大切なものは何だろう、、、と。

それはやっぱり、”代わりのないもの”だった。


だから自分の場合は、
亡くなった父親からもらった手紙だ。

昔、単身赴任で離れて暮らしている頃に、
私は、父親に手紙を送った。

こっちとしては、家族と離れて暮らす父親が、
少しでも楽しめるよう、沢山の文字を並べた。

返事が届いた時、
さぞ書いてくれてるんだろうな、と封を開けると・・・

便箋いっぱいにマジックで、
三行の文字が書かれていた。

え?これだけ?
文字がいっぱいあって、いろいろな事を書いてくれてるだろうと、
予想して楽しみにしていたのに、
これだけか、、、と、

その時は拍子抜けしたものだった。


でも、父親が亡くなった後は、
長々と書かれた文章より、
その短い三行がわかりやすく、
いつでも自分を応援してくれる心強い宝物になった。

”お父さん、やるねぇ。”
改めてそう思ったものだった。


”災害は忘れた頃にやってくる。”

今回は、東北が大きな被害にあったが、
いつ自分が住む場所の”当たり前。”がなくなるとも限らない。

私は、クリアファイルに大事にしまっていた
その便箋を出してたたみ、
いつも使ってる鞄に大切にいれた。



東日本大震災:いま、あなたの宝物は何ですか?
[PR]
by collier2 | 2011-04-20 12:56 | 311 | Comments(0)

「Smile」

d0201155_13122236.jpg

ソフトバンク「復興支援ポータルサイト」
新TV-CM「Smile」篇、「ONE」篇が
4月15日(金)より全国でオンエアされているらしい。

今はテレビの前にあまりいないので、
テレビではまだ見ていないのだけど、

井上雄彦さんが描き、twitter上にて発表し続けている、
「Smile」と題した笑顔のイラストと、
BUMP OF CHICKENの「Smile」という楽曲にのせて、
いろんな笑顔が並んでる。

“被災地の方に一日も早く笑顔が戻りますように”
という願いが込められている。

朝の準備の合間に、
ゆっくりとテレビを見ている合間に、
こういうCMが流れると心が安らぐ。

被災地も、そうじゃない地も、
笑顔が増えるといいなぁ。


「みんなでがんばろう日本」プロジェクト
[PR]
by collier2 | 2011-04-19 12:30 | 311 | Comments(0)

涙と元気が出るCM。



ブログの更新も厳しいくらい机に貼り付いている。
体が。

久々にこれはほんとに忙しく、連日午前様の今週は土日出勤だ。

何度も寝坊する夢を見てる。
朝起きれるのかがいつも不安。

連日出勤の後、今週の週末は幼なじみの結婚式。

家族と共に、幼い頃から知ってるあの子の
晴れ舞台に参加だ。

会場は福岡で初めての新幹線!!

あまり新しいAMUには興味ないけど、
ひとつだけ気になるお店があったし、
新幹線と共に非日常をいっぱい味わってくるんだ。

幸せのお便りも届いたしね。
(ありがとう。)

震災の影響でひっそり開通した新幹線。

でも、このCMを見ると、
九州から何かこう、元気だけでも送りたい気分になる。


九州新幹線のテレビCM
[PR]
by collier2 | 2011-04-17 12:45 | 個人的な出来事 | Comments(4)

そんな事を思うよ。

d0201155_21533063.jpg

最近はもう仕事ばっかりしている私だけど、
日曜は地元の選挙に行って、
日本の未来の事も考えてみたりした。

知事選に落選した東国原さんは、
自転車で街を周り、
渋谷で、
「私に入れてとは言いません、とにかく選挙に行ってください!!」
と言っていた。

未来を作るのは若い世代、
一番怖いのは、そのこれからの若い世代が政治に無関心になること。
との事。

確かにその通り。

政治家を見て、
希望を持てない、期待を持てない。
という気持ちはよくわかるけど、
そこで投げたら痛いのは自分たちなんだ。


世の中には、黒い部分がいっぱいある。

知れば知るほど、嫌な気持ちになって、
知りたくなくなって、嫌気がさす。

こんなに世の中が黒いなんて、
誰も教えてくれなかったのに。。。

最初に黒い物に触れた時に思ったな。

知れば知るほど 黒いから、
見たくなくなって、そっちに目をやらなくなる。

もっと楽しい事ばかり見てたら楽だし、
楽しい気持ちになるし。


・・・でもやっぱりそれだけじゃ駄目なんだ。

ほっといたら返ってくるから。

しかも、それを自分たちの子どもや孫の世代にも
見せてしまう事になるから。

黒い物を白にする事は出来ないと思うけど、
注意したり、少しはマシに出来たり、
知っていたら、こんなもんだよ。って教えられるかもしれないし。

だから、そればかり見ていて
気分が沈むのはよくないけど、

気にしておく。
ちらちら見ておく。
悪い方向にばかりいかないようにたまには目をギラつかせておく。
(ギラーン☆)

そしてやっぱり、関心を持つ。

自分たちの場所だしね。


今日であの日から一ヶ月。

日本中の人が、いろんな気持ちで迎えた一ヶ月。

これからも日本の周りは騒がしいだろうな。


元気な人が元気じゃなくなったり、
参る事もあるかもしれないけど、

人にはリズムがあるから、
元気な時に元気な人が元気だったらいい。

みんなと交代で乗り越えられればいい。


愛国心なんて、
自分にあるのかな、と思ってたけど、
今は日本が愛おしい。

そんな事を思うよ。
[PR]
by collier2 | 2011-04-11 22:40 | 個人的な出来事 | Comments(0)

♪I love you,baby 福島(第二段)



前回、紹介した♪I love you,baby 福島。

今回は、全国47都道府県、47人の○○県人が歌っている動画を紹介。

昨夜も大きな地震が起こった東北地方。

少しずつ落ち着きを取り戻したり、
前を向いて歩き始められるかも。。。という時に、
また大きな地震が起きてしまった。

現場の方々の心労・苦労を考えると、
言葉が出ない・・・。

原発も余談を許さない中、農作物の問題、
世界的に見る今後の日本の経済問題、
課題は山積みだけれど、
この歌の中の女性の”日本再興(さいこー!!)”の文字に目が止まった。

そうだね、日本をまた私たちの手でひとつひとつ作っていきたい。
戦後を乗り越えてきたおじいちゃんやおばあちゃんのように、
これからは私たちの世代が、新しいさいこー!!の日本を作りたいね。

と、いつになく大きな事思っちゃったけど、
これからを思うと全然大げさな事じゃないなと思った。




猪苗代湖ズ

松田晋二( THE BACK HORN 福島県東白川郡塙町 )
山口隆 ( サンボマスター 福島県会津若松市 )
渡辺俊美( TOKYO No.1 SOUL SET 福島県双葉郡富岡町 )
箭内道彦( 風とロック 福島県郡山市 )

福島県で生まれ育ち、今は東京や横浜で暮らすミュージシャンとクリエイターの福島県人バンド。
箭内道彦が実行委員長を務めた、『風とロック芋煮会』(2010年9月 福島県・裏磐梯高原にて開催)を機に結成された。
もちろんバンド名の由来は、福島県の中央に位置する、日本第四位の大きさを誇る湖、『猪苗代湖』から。
昨秋の『風とロック芋煮会』では、大自然に囲まれた故郷の野外ステージで郷土愛をかき鳴らした。
この時に生まれた曲が、福島への想いを真っすぐに歌いあげた、
『アイラブユーベイビー 福島』である。

公式サイトより引用
[PR]
by collier2 | 2011-04-08 08:23 | 311 | Comments(4)