カメラで見た、日常。鹿児島のお店の紹介や、日々思った事など。


by collier2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
個人的な出来事
おいしいものめぐり
雑貨めぐり
かごしまもの
観た映画
集めてるもの
気になるイベント
てづくり
311
防災
かごしま(もの)めぐり
かごしま(食)めぐり
未来について
山登り
未分類

以前の記事

2016年 10月
2014年 12月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

その他のジャンル

ブクログ

最新の記事

お久しぶりです!
at 2016-10-29 07:27
ひとんちに行って来た!
at 2014-12-11 00:26
スマホでの更新はむつかしい…
at 2014-12-09 23:35
ブログをやめたわけではないの..
at 2014-12-06 00:58
Filmvak
at 2014-05-16 17:50

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

GNJが近づいてきた!!

d0201155_14323082.jpg

タピオカトンネル(GNJ写真部)と共に準備とミーティングを重ねてきたけど、
それがとうとう今週の日曜日に迫ってきた。

私の場合はいろんなテーマごとにカメラの装飾をする係と当日の撮影係。
去年は参加できず、今年が初めての参加になるので、
どんな雰囲気なのか、わくわくドキドキ。。。
夏の最後の思い出になればいいなぁ。

チケットの売れ行きが好調のようで、会場には沢山の人で溢れかえるそうだ。
いろんな人々が一同に集まる森のがっこう。

みんなと楽しい時を共有できるのが楽しみになってきた!!
キャメラバトン、回ってきたらぜひご参加お願いします(笑)

Good neighbors jamboree 2011
http://good-neighbors.jp/
[PR]
by collier2 | 2011-08-26 14:41 | 気になるイベント | Comments(4)

R STANDARD

d0201155_10552319.jpg

みなと大通り公園沿いにリサイクルショップが8月29日(月)オープンする。
ちょっと前から気になっていたお店だったので、行ってみた。
(プレオープン中とのこと。)

そこには、昔家にあったもの、学校にあったもの、
今までにどこかで出会っているものたちなどがいっぱいいた。

ひとつひとつとてもきれいに陳列されていて、
次の再出発を待っているかのように感じた。

家具や雑貨家電など、その時代にしか施されないデザインがある。

古本屋もそうだけど、現在製造されていないもの、
当時にしか作られていないもの、そしてそれがかつ希少ともなると、
そこに価値が生まれる。

大量生産されたどこに行ってもよく見かける新品の商品より、
珍しく懐かしく、昔の思い出までも運んできてくれるような
そういうものについつい惹かれてしまう。

古いものが沢山並ぶ新しいお店には、見応えのあるものがたくさんあった。
散歩がてら遊びに行くと楽しいかも!



R STANDARD
所在地:鹿児島市名山町5-5 田代ビル2F
TEL 080-1144-7944
営業時間:12:00〜19:00
定休日:水曜日
http://blog.livedoor.jp/r_standard_project/
https://twitter.com/#!/R_STANDARD
[PR]
by collier2 | 2011-08-24 13:19 | かごしま(もの)めぐり | Comments(2)

島から学ぶ生きる知恵。

d0201155_1833539.jpg

種子島の海と空を見るとほっとする。

本当の空と海ってすごく青い色をしているんだ。と、
教えてくれたのもこの島だったし、
今まで見たこともないような
星空いっぱいの夜空を見せてくれたのもこの島だった。

風に揺れる背の高いさとうきびは今年もきれいだった。
この美しさがこれから先も続いてほしいと思った。

種子島だけじゃない。
日本には沢山の島々があるし、日本自体も島国だ。
今ならまだまだ美しい所も沢山残っていると思う。

でもその美しさは当たり前じゃないことを知ろうと思う。

今度のBRUTUSは島特集だ。
”たとえば、いま、あなたが都会を離れて島で暮らすとしたら。”
と題して、島で暮らすHOW TOがいろんな側面から書かれている。

私の好きなUAや藤代冥砂・田辺あゆみ夫妻も沖縄に移住していて、
その様子も書かれていた。

私は虫が結構嫌いなほうだけど、
島に行くとどこそこにいるので、トイレなんか行くと、
”ああ もう絶対どこかにいるんだろうな。”という心持ちで入ることになる。

そして当然・・・いる。

でも、最終日になる頃には、
”ここには誰がいるわけ? ああきみね。”となったりして、
意外に慣れたりしてる自分に少し驚く。

島を出て自宅に帰り、家のトイレには誰もいないので、
”そっか ここにはいないのか”と、
少しつまんないような自分の気持ちにもっと驚くことになる。

どうやら人間の”慣れ”というものはすごいみたいだ(笑)
みんないざとなれば意外にどこでも住めたりするかもね!

うんうん、よしよし。と、なんだかうれしい気持ちになった。

BRUTUSにはこう書いてある。
”これからの暮らし方のヒントが隠れていました。”と。

島に移住してもしなくても、これからの暮らし方について
それぞれが考えるヒントになりそうだ。

「国内・海外22の島から学ぶ、これからを生きる知恵」
BRUTUS

[PR]
by collier2 | 2011-08-22 19:14 | 個人的な出来事 | Comments(7)

このキャメラがあれば。

d0201155_1014116.jpg

いよいよ近づいて来た!きた!キタ!
キャメラバトン!!

そして、FUJIFILMさんの公式HPに”キャメラバトン”の告知が!!
※キャメラバトンのルールはこちらをどうぞ!

なので、今はせっせとカメラの装飾係をしているところ。
その装飾をしながら、みんながキャメラバトンをする所を想像してる。

そして、時には想像が妄想に変わる事も・・・
キャメラバトンで恋が始まったら面白いのになぁ。

-------------------------------------------------
知らない人にカメラを渡す。
だったら会場で気になった異性に渡してもいいってことでしょ?と。

普通はイベント会場で好みの人を見かけても話しかけられない。
でも、このキャメラさえあれば・・・

「あのー・・・」みたいなね。
そこでコミュニケーション取って、
一緒に写すとこまでいてもいいんじゃない?ない?ない?ない?

で、「今きっといい感じの撮れましたよ! 楽しみですねー」なんつって、
二人で笑いあって、このままこれっきりは嫌だな―なんて思って、
思い切って連絡先手渡すとか。とかとかとか(笑)

そして、後日連絡を待つ!なんて。なんてなんてなんて☆
-------------------------------------------------

平凡な出会いはいやだなー。って思ってる人には、
いい刺激になるかもなー・・・。

を妄想しつつ、カメラの装飾進行中!

そんな事考えながら作ってるんで恋が成就する念が入ってるかも!
別に恋したくない方、ご注意ください(笑)


キャメラバトンでは、上のイラストにあるように、カメラにバルーンがついています。
最近呉服町の高木画荘隣に出来た、
「バルーンBOX」というショップにご協力頂く事になりました!

ひとくちにバルーンと言っても、今はいろいろな種類があるらしい。
当日、キャメラバトンのカメラにどんなバルーンがくっついているのか、お楽しみに!


(FUJIFILM 写ルンです + GOOD NEIGHBORS JAMBOREE 2011) x タピオカトンネル = キャメラバトン

「バルーンBOX」
場所:鹿児島市呉服町3-5(高木画荘隣)
営業時間:10:30~19:00
定休日:水曜日
TEL:099-222-3580
[PR]
by collier2 | 2011-08-19 08:35 | 気になるイベント | Comments(2)

魔法のボトル。



日本では毎年2000億円をミネラルウォーターのペットボトルに費やしているらしい。
じゃあ他の飲料も含めるとすごい金額になるだろう。

そして、ミネラルウォーター用のペットボトルを作るのに
毎年1.5億バレルの石油が使われているらしい(公式サイトより)

でもなんで?ペットボトルはリサイクルされてるはずでしょ、って思った。
毎週ペットボトルのゴミの日に、パッケージまで剥がして出してるよ。と思った。

だから正直驚いたのだけど、
ペットボトルが素材を利用してリサイクルされているのは実は全体の約20%らしい。


wikiで「ペットボトル」「サーマルリサイクル」というワードを使って
ペットボトル使用後の行方を調べてみた。

--------------------------------------------------------
1.リユース(そのまま再利用)
生産量は少ないがリユース可能なペットボトルもある。

2.マテリアルリサイクル(フレークやペレットの状態にする)
リサイクル率には諸説あるが2006年で20%弱

3.ケミカルリサイクル(化学分解し完全に素材の状態に戻す)
ケミカルリサイクルの率は1%程度

4.サーマルリサイクル(回収した廃ペットボトルを燃やす)
一般に、リユース、マテリアル・ケミカルリサイクルが
困難となった廃棄物に対して行われる。
火力発電などで消費される原油を間接的に減少させる効果

5.埋め立て
原則として、廃プラスチックはリサイクルされることなく
埋め立てられる。
--------------------------------------------------------

この順番は、日本において、循環型社会形成推進基本法で、
廃棄物・リサイクル対策の優先順位らしい。

でも、ペットボトルが素材を利用してリサイクルされているのは、
3番目までだし、その時点で約20%だし、
サーマルリサイクルの割合も載ってないし、
いずれにしてもほとんどが4と5という事がわかる。


なので、そういう状況を改善する必要があるとして、
出来上がったのがこの魔法のボトル、”bobble”(ボブル)だ。
開発に2年間もかかったらしい。

これがあれば、
朝コーヒーを家から持ち運びマグに入れて出勤するかのように、
家庭の水道水をこのボトルに入れて出勤することも出来るし、

家の蛇口に高価な浄水器がついてなくても、
このボトルに入れるだけでいつでも水を飲む事が出来る。

災害が起きて、なかなかミネラルウォーターが手に入らなくても、
水道水さえ手に入る環境であれば、
いつでも気軽に飲める水を手に入れる事が出来るのだ。
(放射能に汚染されていなければね。)

エコにも災害にも役立ってお財布にも優しい魔法のボトル、
”bobble”(ボブル)

フィルター付きで¥1780
安くもないけど高くもない。

デザインが洗練されている上に浄水付きのスグレモノなので、
周りへのちょっとした会話のネタとしてもよさそうだ。
(デザイン・機能ともこだわり続けたらしい。 すばらしい!)

ぜひ次のほしいものリストに加えたい1品だなぁ☆


■水道水がおいしく飲める浄水機能付ボトル[ボブル]
http://waterbobble.jp/

※ちなみに鹿児島で購入出来る店舗は、
ゼビオスポーツ オプシア鹿児島店
所在地:鹿児島県鹿児島市宇宿2-3-5
TEL:099-812-7177
[PR]
by collier2 | 2011-08-10 12:34 | Comments(2)

あなたの買い物が世界を変える。

d0201155_1516183.jpg

ある日、久々にネックレスが欲しくなった。

アクセサリーの専門店を見るけれど、
こんなにいっぱいあるのに、これだ!!ってのがない。
いくつかのショップを見るけどお気に入りは見つからない。

そこで、unicoのアクセコーナーをのぞいてみた。

すると、お店全体の割合からしても、コーナーとしても、
ほんの少ししか置いていないその場所にお気に入りを見つけた!

店員さんから、「ひとつひとつ手作りなんですよ。」
と言われて尚更嬉しくなった。

タグには、Peopletree フェアトレードと書いてあった。

「フェアトレード」は、発展途上の国の生産者から
商品を公正な値段で買い取る貿易のことだ。
何度か耳にしたことがある。

なのでなんだか、やがて手に渡る自分の為に、
遠い国の誰かが作ってくれたかのように感じた。

お気に入りを見つけたことと、この商品が公正な取引を経て、
自分の所へ辿りついた事に幸せを感じた。


というのは、
私たちにとって、「安くて良い」と思ってる商品が、
途上国にとって、いくら生産しても最低限の生活に必要な賃金さえ
支払われていないものだとしたら・・・

商品の背景を知らずに買ってしまい、
気づかないうちに環境破壊や貧困に加担しているかもしれないとしたら・・・

いくら世界の途上国の事を思っていても、
知らず知らずのうちに原因を作っているうちの一人になっているかもしれない。


これは買い物に限らず、世の中の表向きには、
なんにも問題を感じさせないけれど、
中身をひも解いていくととんでもない状態になっていると言う事は、
よくある話だ。

それは誰も教えてくれないし、どちらかという
そっちに目を向けないように誘導されている事のほうが多い。

なので普通に過ごしていると、”ほんとうのこと。”に、
興味もわかないし、無知なんだから痛くもかゆくもなかったりする。

そんな中でも、”勘のいい人”は、物事を見分ける力が働いて、
みんながなぜこの列に並んでるのかもわからないまま進む道を、
さっと判断して、さくっといい意味での横道にそれていくのだ。


あまり過敏にはならないにしても、
今までなんとなく流してしまったいろいろに、
これからはもっと目を向けようと思う。

ちょっと気をつければ、そこにはヒントがあって、
物事を知る!という純粋な喜びを感じられて、
やがては自分にいい部分でそれが返ってくる。

そういうことがやっとわかってきたんだよねー(苦笑)
本当の意味で。


フェアトレードのピープル・ツリー
http://www.peopletree.co.jp/

※鹿児島でここの商品を取り扱っているのは、4店舗だった。
 有名どころでは地球畑とAZ。
 地球畑はイメージ通りだけど、AZかー。へー!と思った(笑)
[PR]
by collier2 | 2011-08-09 12:32 | 個人的な出来事 | Comments(0)

今までと同じものを見ても今までとは全然違って見える。

d0201155_12523013.jpg

最近、自分の知りたい事が知れてすごく嬉しい。

ずっと不思議に、または疑問に思っていた事だったので、
なるほどなー。と、納得もいくし、しっくりもくる。

面白いのは、知ってしまうと、今までこれかな?
と思っていた価値観がガラッと変わって、
もう前に戻れないと言う事。

けど、とても幸せなあたたかい気持ちになれると言う事。

そのタイミングは人それぞれあるらしく、
その人の一番万全なタイミングでやってくるらしい。

だから、今はいまいち意味がわからない人も、
いずれはその時がやってくるかもしれない。

だからまだの人は、その時を楽しみに、
また、そのチャンスに気付かないと言う事がないように、
逃さないようにしてもらいたいなー。と思う。

私の周りにも、実は既に気付いている人が何人かいたりして、
また、増えてきた。

日頃の生活に実践してる人までいて、
うわーそんなとこまでいってんの? 私なんかより全然先輩だー!
っていう人もいるし、少しずつ少しずつ近づいている様な人もいる。

こればかりは、ひとりひとりのタイミングで、
時間をかけてゆっくりと。がテーマなので、

早くみんな気付いたらいいのにー。という気持ちになってしまうけど、
焦らないようにしないとな(苦笑)


みんなが今までに一度は考えた事があるであろう、
”あのこと”についてなのだけど、
凝り固まった感覚でなければ、自然と受け入れられると思う。

ひとことで言うと、
今までと同じ景色を見てるのに、
今までとは全然違って見える。
ということ。


もっと早く知れたら、もっと楽に来れただろうな、と思うけど、
今が自分にとって一番のタイミングだったということだろうから、
いいんだと思って、
これからはもっと実践できるようにやっていこうと思う。
[PR]
by collier2 | 2011-08-08 12:28 | 個人的な出来事 | Comments(0)

鹿屋への旅 その3 アメタ食堂

d0201155_10215720.jpg

「鹿屋のアメタ食堂、いいとこらしいよ。」

と聞いて、昔ながらのおばちゃんがやってる
味のあるいい感じの食堂でもあるんだろうな。
ご飯はそこで食べればいいな。

なんて思ってたら、アメタ食堂とは
リサイクルショップの事だった。

店内に入ると、結構広い!
リサイクルショップというと物が店内から溢れてるイメージがあるけど、
アメタ食堂ではきれいにディスプレイされていて、
いわゆるリサイクルショップとはちょっと違っていた。

そして面白いのがここのオーナーさんだ。

なんでも、元々は東京でデザイナーをされていたらしいのに、
遠距離に住むメンバーとバンドを組んでいて、
そのメンバーの方が鹿児島にいたらしく、
「店やらない?鹿屋で。」と誘われて、
「おもしろいかも!」と。

「じゃあ 物件見てみよう。」となって、
「お ここいいね! じゃあやろう。」となったらしいのだ。

「なんてゆるいんだ!」と感動して、
話聞いてるだけでわくわくしてた(笑)

じゃあ商品はどうしたかというと、
オーナーさんがなぜか趣味で集めていたコレクションで、
集めていながらもなんで集めているのか
自分でも不思議な感覚だったというから面白い!

けど自分のコレクションを売るのに抵抗はないんですか?
と聞いたら、ガラスケースに入れて眺めている様な
コレクションの仕方じゃなく、ダンボールにしまって
保管していたようなコレクションだから抵抗はないと・・・。

だから店をやろうと決めた時、今まで集めていたのは
この為だったのね。と、点と線が繋がって納得がいったらしい。

すごいー!!!と思った。

”全然知らなかった土地だったけど、鹿屋気に入ってます!”
と、にこにこしながらさらっと言われるオーナーさん。
今の暮らしを楽しんでいる様子だった。

いい顔してたなー。

※アメタ食堂は移転されました。新店舗情報は以下です。
森のお屋敷カフェ「アメタ食堂」 
所在地:鹿児島県鹿屋市北田町15-20
TEL: 0994-45-6358
営業時間:12-20時 定休日 毎月1日と 毎週火、水曜日

d0201155_10411710.jpg

[PR]
by collier2 | 2011-08-05 08:21 | かごしま(もの)めぐり | Comments(4)

鹿屋への旅 その2 Araheam

d0201155_13542666.jpg

前々から気になっていた鹿屋のおしゃれスポッツ!Araheam
期待通りのショップでわくわくした。

こんな大きなエアプランツがあるんだ!と思うようなサイズのものから、
とってもかわいらしい小さな多肉植物まで、様々な植物たちがいた。

今のところ、家には植物たちがいっぱいいるので、
購入は出来なかったものの、本来ならぜひ連れて帰りたい植物がいっぱいだった。

向かった当日はお友達の写真展やRHYTHMのワークショップなど、
緑に囲まれた人たちが夢中になって作品作りに取り組んでいた。

店内にはCAFEとapparel shopも併設されており、
心地良い空間だった。


Araheam
所在地:鹿児島県鹿屋市札元1丁目24-7
営業時間:11時-19時(火曜定休)
電話:0994-45-5564 FAX:0994-45-5574
駐車場20台完備

d0201155_1494795.jpg

[PR]
by collier2 | 2011-08-03 12:40 | かごしま(もの)めぐり | Comments(2)

鹿屋への旅 その1 写真展

d0201155_12543284.jpg

鹿屋にあるAraheamで、タピオカトンネル仲間、
MIUさんの写真展が行われていたので、見に行ってきた。

柔らかい光に包まれた暖かい写真が並んだ会場だった。

毎日、流れては消える日常をこうして切り取ると、
当たり前に感じられることが 実はすごくありがたいことで、幸せなこと。
だという事を実感できる。

刻々と流れる時間を私たちは止められないので、
写真というひとつのツールを利用して確認する。

本当は、誰のもとにもすぐそばにあるものだけど、
瞬間的に実感できる事はなかなか少ないので、

そういう意味で写真は便利な手段だと
改めて感じさせてくれるような、そういう写真展だった。

ありがとう。
[PR]
by collier2 | 2011-08-01 12:36 | 気になるイベント | Comments(0)